Coincheck (コインチェック)のIEOとは?パレットトークンの買い方と取引方法

IEO 仮想通貨

コインチェックでスタートしたIEOってどんなサービスなの?

パレットトークンは初心者でも買える?

こんにちは、バスタニです。

先日、Coincheckでは日本初となるIEOを開始しましたよね。

これまで新プロジェクトの資金調達といえばICOが主流でしたが、近年では審査がより強化されたIEOが主流になりつつあります。

とはいえ、IEOが何なのかよくわからない人も多いと思うので、今回はCoinchekのIEOと、その第一弾のプロジェクトとなるパレットトークンについてご紹介します。

この記事を読めば、IEOの仕組みをしっかりと理解したうえでCoincheck IEOに参加することができますよ!

そもそもIEOとは?

<画像>そもそもIEOとは?

IEOとは「Initial Exchange Offering」の略語で、仮想通貨を使った資金調達を指します。

企業が何か新しいプロジェクトを立ち上げる際には資金が必要になりますが、それを円ではなく仮想通貨で調達しようというものです。

具体的な仕組みとしては、まず企業側がホワイトペーパーなどを使ってプロジェクトを公開するとともに、 IEOのプラットフォーム上でトークンを発行します。

その後、プロジェクトの内容に賛同するユーザーがトークンを購入し、これが企業側の資金となるわけです。

ユーザー側はトークンを購入した対価として特別なサービスを受けたり、トークンの値上がりによって利益を得たりできます。

なので、株式投資のようなイメージですね。

 IEOとICOの違い

ICOとは「Initial Coin offering」の略語で、 IEOと同じ仮想通貨による資金調達を意味します。

こでまで仮想通貨の資金調達といえばICOが主流でしたが、プロジェクトの健全性が保証されていない中で投資を行うため、詐欺案件も多く存在していました。

そのため2018年頃からプロジェクトが減少し、現在では IEOが主流となっています。

ICO  IEO
参加できる人 誰でもOK 取引所ユーザー
取引の相手 発行元の企業 取引所
取引方法 スマートコントラクト 取引所経由
管理者 取引所
プロジェクトの評価者 取引所が評価
ユーザーのチェック なし(もしくは第三者による検証) 取引所の本人確認・規約違反等
プロモーション 発行元の企業 発行元と取引所

ICOとIEOの大きな違いは、仲介者がいるかどうかということ。

ICOはプロジェクトを実施する企業と個人が取引するのに対し、IEOは取引所を介してやりとりが行われます。

そのため、ICOの課題となっていた悪質なプロジェクトが極めて少なく、比較的安全に投資することが可能なのです。

コインチェック

Coincheck (コインチェック)のIEO

IEO

Coincheckは2021年7月からIEOに参入しています。

IEOは世界的な盛り上がりを見せているものの、国内においてはCoincheckが初の参入となり、大きな話題となりましたよね。

そんななか、第一弾のプロジェクトとなったのがPLT(パレットトークン)です。

PLT(パレットトークン)の特徴

パレットトークンとは、「Palette(パレット)」で使われるトークンになります。

PaletteはNFTを取り扱うプラットフォームの一つで、

  • クロスチェーンに対応している
  • 初心者でも参加しやすい
  • 手数料が安定している

といった特徴があります。

パレットトークンはPalette上での基軸通貨となっており、

  • NFTの発行手数料の支払い
  • 運用報酬の支払い
  • パレットコンソーシアムの委任
  • NFTの購入
  • 権利の付与
  • サブスクリプション決済

といった使い方ができるんですね。

Paletteの開発が進むにつれてパレットトークンの価値も高まるので、将来の高騰を期待して購入する投資家も大勢います。

また、IEO段階のパレットトークンは未公開となっており、一般に出回るときよりも安く購入できます。

新しく上場するトークンは上場直後に高騰するケースが多いため、上場前と上場後の価格差で利益を得ようとする人も少なくありません。

Coincheck (コインチェック)のIEOに参加する方法

<画像>PLT(パレットトークン)の特徴

CoincheckのIEOに参加するには、Coincheckで口座開設本人確認を済ませる必要があります。

手順としては以下です。

Coincheckの登録・口座開設

本人確認

入金

IEOに参加

IEO2

IEOのプロジェクトによって応募口数が決まっているので、必要量以上の資金を入金してIEOに参加します。

IEOに参加すると抽選券が配布され、抽選に当選すると自動的にトークンが入金される仕組みです。

IEOトークンの購入は抽選になるため、IEOに参加したからといって必ず購入できるわけではありません。

PLT(パレットトークン)の買い方

<画像>PLT(パレットトークン)の取引方法

2021年7月末現在、パレットトークンのIEOはすでに終了しており、Coincheckに上場しています。

7月1日 ・・・購入申込開始
7月15日・・・購入申込終了
7月20日〜 ・・・抽選とパレットトークンの配布
7月29日・・・Coincheckにてパレットトークンが上場

そのため、パレットトークンは現物取引での購入となります。

パレットトークンの買い方
  • Step1.
    取引所画面を開く

    取引所画面

    Coinchecにログインすると、取引所画面が表示されます。

  • Step2.
    通貨の選択

    パレットトークン2

    銘柄の右側にある「∨」をクリックし、「PLT」を選択します。

  • Step3.
    注文内容の入力

    パレットトークン3

    レート注文量を入力し「買い」を選択したら、「注文する」をクリックして注文を完了させましょう。

Coincheck (コインチェック)のIEOとパレットトークンまとめ

<画像>Coincheck (コインチェック)のIEOとパレットトークンまとめ

今回は、CoincheckのIEOについてご紹介しました。

IEOとは仮想通貨を使った資金調達になり、取引所を介することでICOよりも安全に投資することが可能です。

国内初のIEO参入となったCoincheckでは、第一弾としてパレットトークンのIEOが実施されました。

現在パレットトークンのIEOはすでに終了しており、現物取引で購入することが可能です。

Coincheckユーザーであれば誰でもIEOに参加できるので、今回参加できなかった人は次回以降のプロジェクトに期待しましょう!

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました