BINANCE(バイナンス)の証拠金取引をわかりやすく解説!

BINANCE証拠金取引 仮想通貨

バイナンスの証拠金取引って初心者でもできる?

そもそも証拠金取引ってどんな取引なの?

こんにちは、バスタニです。

BINANCEでは証拠金取引が利用できますが、どんな取引か知っていますか?

証拠金取引は別名「仮想通貨FX」と呼ばれるもので、仮想通貨ではなく建玉を売買する取引です。

ちょっと難しそうに思えますが、仕組みは為替FXと同じなので感覚さえ掴めば効率的に取引することができます。

相場が上がった時はもちろん、下がった時にも利益が出るので、他の取引よりも利益が出やすいんですね!

そこで今回は、BINANCEの証拠金取引についてご紹介します。

この記事を読めば、BINANCEの証拠金取引を120%マスターできますよ!

BINANCE

そもそも証拠金取引とは?

<画像>そもそも証拠金取引とは?

証拠金取引とは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、建玉を売買する取引です。

建玉とは決済していない契約という意味で、証拠金取引では将来の値上がり・値下がりを見込んだ契約を売買することになります。

買い注文で建玉を保有し、売り注文で建玉を決済するというイメージですね。

正直、この辺はなんとなく理解しておくだけで問題ありません。

証拠金取引では、最初に証拠金を預けることで建玉を売買できるようになります。

証拠金が担保になるので買い注文はもちろん、売り注文(空売り)も可能です。

また、第三者から資金を借りて大きな金額で取引できるので、1万円の資金で10万円分の取引をすることもできちゃいます。

なので、現物取引よりも断然稼ぎやすいのです。

ただし証拠金取引では証拠金を一定の割合で保つ必要があります。

含み損が大きくなると証拠金も少なくなり、そのまま一定の割合を超えるとロスカットになってしまうので注意が必要です。

【メリット】

  • 買い・売りの両方で利益が出せる
  • レバレッジが使える
  • 少ない資金でも大きな利益が狙える

【デメリット】

  • 証拠金を意識する必要がある
  • 利益が大きくなる分損失も大きくなりやすい
  • ロスカットのリスクがある




BINANCE(バイナンス)証拠金取引のルール

<画像>BINANCE(バイナンス)証拠金取引のルール

証拠金取引のリスクを極限まで低くするには、取引のルールをしっかりと理解することが大切です。

BINANCEの証拠金取引で知っておくべきルールは以下になります。

クロスマージンと分離マージン

クロスマージンとは、口座残高のすべてを証拠金として使用する機能になります。

損失が大きくなると証拠金が減り、ロスカットのリスクが高まりますよね。

しかし、クロスマージンであれば口座残高から自動的に証拠金が補充されるので、ロスカットのリスクを少なくすることができます。

一方、分離マージンは口座残高と証拠金と分離させる機能です。

証拠金が減っても自動で補充されないためロスカットのリスクがありますが、ロスカットになっても口座残高は残ります。

クロスマージン 分離マージン
証拠金の補充 自動 なし
ロスカットのリスク 少ない 通常
ロスカット後 全資金を失う 証拠金は失うが口座残高は残る

BINANCEの証拠金取引ではクロスマージンと分離マージンを選択することが可能です。

どちらが良いというものでもないので、自分が使いやすい方を選択しましょう。

レバレッジ

レバレッジとは、預けた証拠金よりも大きな金額で取引できる機能です。

BINANCEの証拠金取引では最大10倍のレバレッジが利用できますが、通貨ペアやクロスマージン・分離マージンによって異なります。

また、レバレッジは固定となっており、選択することはできません。

つまり、

証拠金取引 = 最大レバレッジで取引 = 借入が必須

ということです。

借入モードと返済モード

借入モードとは、資金が足りなくなった際にBINANCEから借入ができる機能です。

借入できる資金は口座の資金量によって異なり、取引で資金が足りなくなった場合に自動で借入をしてくれます。

例えば、口座に1BTCを振込んだとしましょう。

借入モードを使ってBTCの注文をした場合、この注文では最大2BTC(3:1)の借入ができるようになり、資金が足りなくなった際は自動で借入が実行されます。

ただし、借入をした場合は利息が発生するので注意が必要です。

借入モードと返済モード出典:マージンデータ

BTCを借入した場合、借入額の0.05%が1日の利息ということになります。

これに対し、返済モードは取引で得た利益を自動的に返済する機能です。

返済モードでは借入資金よりも先に利息が返済される仕組みになっていて、取引終了時に返済資金が不足している場合は手動で返済する必要があります。

BINANCEの証拠金取引は、注文の際に借入、決済の際に返済を行うシステムです。なので、借入モードと返済モードの仕組みはしっかりと覚えておく必要があります。

マージンレベルとマージンコール

マージンレベルとは、取引のリスクレベルを判断するための指標になります。

マージンレベルが一定値を超えるとマージンコールが発信され、ユーザーにリスクを警告してくれる仕組みです。

マージンレベル = 合計資産 ÷( 借入額 +利子額 )

また、リスクが高くなると段階的に利用制限がかかり、最終的にロスカットになります。

レバレッジ3倍の通貨ペア
マージンレベル 取引 借入 口座振替
マージン→現物
マージンコール ロスカット
2以上 × ×
1.5〜2 × × ×
1.3〜1.5 × × × ×
1.1〜1.3 × × ×
1.1以下 × × ×
レバレッジ5倍の通貨ペア(マスターアカウントのみ)
マージンレベル 取引 借入 口座振替
マージン→現物
マージンコール ロスカット
2以上 × ×
1.25〜2 × × ×
1.15〜1.25 × × × ×
1.05〜1.15 × × ×
1.05以下 × × ×

ちなみに、マージンレベルは取引画面で確認することができます。

マージンレベル

精算(ロスカット)

ロスカットになるタイミングは以下です。

  • レバレッジ3倍の通貨ペア・・・マージンレベル1.1以下
  • レバレッジ5倍の通貨ペア・・・マージンレベル1.05以下

ロスカットになるとポジションが強制的に精算され、すべての資産が利息と返済に回されます。

その際、返済資金が不足している場合は別途手動での返済が必要です。

BINANCE(バイナンス)で証拠金取引をする方法

<画像>BINANCE(バイナンス)で証拠金取引をする方法

BINANCEの証拠金取引でちょっとわかりづらいのが、

  • マージンアカウントへの資金移動
  • 仮想通貨の借入・返済

という点になると思います。

これらを踏まえたうえで実際の取引手順を見ていきましょう。

1.マージンアカウントの有効化

BINANCEでは、取引内容を理解したうえで利用するためにアカウントの有効化という仕組みがあります。

なので、まずは証拠金取引の内容を理解したうえでマージンアカウントを有効化します。

マージンアカウントの有効化
  • Step1.
    取引画面の表示

    マージンアカウントの有効化1

    BINANCEへログイン後、画面左上の「トレード」タブにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「マージントレード」を選択します。

  • Step2.
    取引の概要を確認

    マージンアカウントの有効化2

    するとバイナンスマージンへようこそという画面が表示されるので、動画の内容を確認し「クイズを開始する」をクリック。

  • Step3.
    クイズに回答する

    マージンアカウントの有効化3

    証拠金取引に関するクイズが12問表示されるので、すべて回答して「送信」をクリックします。

    回答が間違っていても最後に答え合わせができるので、その内容を覚えて再チャレンジすればOKです。

    全問正解になるとアカウントが有効化されます。

2. マージンアカウントへの資金移動

BINANCEでは取引ごとにウォレットが分かれているため、普通に入金した状態では証拠金取引はできません。

なので、BINANCEの口座からマージントレード用ウォレットへ資金を移動させます。

マージンアカウントへの資金移動
  • Step1.
    口座画面の表示

    資金移動1

    ログイン後、画面右上にある「ウォレット」タブにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「フィアットと現物」を選択します。

  • Step2.
    振替画面の表示

    資金移動2

    画面右上にある「振替」をクリック。

  • Step3.
    振替内容を入力

    資金移動3

    移動先となる口座(クロスマージンもしくは分離マージン)通貨金額を入力し、最後に「確認」をクリックすれば振替完了です。

3. 仮想通貨の借入

マージン口座へ資金を移動させたら、資金の借入を行います。

仮想通貨の借入
  • Step1.
    ウォレット画面を開く

    仮想通貨の借入1

    ログイン後、画面右上にある「ウォレット」タブにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「フィアットと現物」を選択します。

  • Step2.
    借入画面の表示

    仮想通貨の借入2

    画面右上にある「借入」をクリック。

  • Step3.
    借入内容の入力

    仮想通貨の借入4

    最初に「借入」を選択します。

    その後、借入したい通貨金額を入力してください。

    画面の「時間当たりの利率」という項目が利息にあたります。

借入の利息をBNBで支払いたい場合は、マージントレード用ウォレットにある「利子にBNBを使用」を緑色にセットしてください。
利息BNB*利息にBNBを使用すると、発生した利息がすべて5%割引になります。

4. 取引

マージントレードのやり方
  • Step1.
    取引画面の表示

    マージンアカウントの有効化1

    BINANCEへログイン後、画面左上の「トレード」タブにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「マージントレード」を選択します。

  • Step2.
    注文内容の入力

    取引1

    こちらが証拠金取引の取引画面です。

    画面右上で取引したい通貨ペアを選択します。

    その際、通貨ペアの右側に記載されている「×〇〇」というのが使用するレバレッジになります。

    取引2

    次に、使用するマージン注文方法購入設定金額を選択・入力します。

    最後に「購入〇〇(もしくは売却◯◯)」をクリックして注文を完了させましょう。

【購入設定】

  • 通常・・・既存の仮想通貨を使用した注文
  • 借りる・・・レバレッジに応じて仮想通貨を自動的に借入する
  • 返済・・・利益から自動的に返済をする

借入・返済を手動で行いたい場合は「通常」にチェックを入れてください。

5. 仮想通貨の返済

借入と利息を手動で返済する場合は、ウォレット画面から操作を行います。

仮想通貨の返済方法
  • Step1.

    返済1

    マージントレード用ウォレットを開き、画面右上にある「返済」をクリックします。

  • Step2.
    返済内容を入力

    返済2

    最初に「返済」を選択します。

    その後画面の借入金額と利息を確認し、返済したい通貨金額を入力してください。

    最後に「返済承認」をクリックすれば完了です。

借入額と利息はウォレット画面でも確認することが可能です。

借入額




BINANCE(バイナンス)の証拠金取引 まとめ

<画像>BINANCE(バイナンス)の証拠金取引 まとめ

今回はBINANCEの証拠金取引についてご紹介しました。

証拠金取引は資金を借り入れて取引するため、まとまった資金がなくても効率的に利益を出すことができます。

ただ、その分損失が大きくなりやすかったり、利息の支払いが必要になったりするので、ルールを理解したうえで利用することが大切です。

文字ばかり読んでいてもわからないという人は、一度少額で取引してみるのも良いでしょう。

現物取引からのステップアップとしてぜひチャレンジしてみてくださいね!

BINANCE

コメント

タイトルとURLをコピーしました