Webライティング

Webライティング

Webライターが気をつけるべき引用時の著作権侵害

Webライティングでは著作権を守ることが重視されますが、何をどう書けば良くべきかを知らない人も少なくありません。著作権侵害の責任はライター個人に降りかかってくるものなので、著作権の重要さを今一度再確認しましょう。
Webライティング

Webライターが辛いと感じる瞬間ときつい状況を乗り越える方法

Webライターは誰でも始められる仕事ですが、誰でも稼げるわけではありません。それゆえ辛いこともたくさんありますが、スキルアップをすることで大抵の不安や辛さは解消することができます。
Webライティング

Webライターの将来性は絶大!その理由とキャリアパスを解説

Webライターの将来性は絶大です!Webライターの経験があれば編集やディレクター、講師、マーケターなど、さまざまな可能性が手に入ります。自分の将来性を高めるためには、真面目にスキルアップを続ていくことが大切です。
Webライティング

初心者Webライターが文字単価3円を最短で達成できる教材「ライタースキル大百科」を徹底解説!

Webライター向けの講座や教材ってたくさんあって「どれが良いのかわからない」と思っている方も多いはず。そんな方のために、今回は私が実際に使ってみて良かった教材「ライタースキル大百科」をご紹介します!
Webライティング

Webライティングを副業にするのが難しい理由と稼ぐためのコツ

「Webライティング副業で稼ぐのは難しい」なんて噂もチラホラありますが、それはちゃんと取り組んでいないから。曜日と時間を決めて真面目に取り組むことさえできれば、思っているよりも簡単に稼ぐことができますよ!
Webライティング

文章のわかりやすさは一文の長さで決まる!Webライティングの40文字ルール

Webライティングにおいて最適な一文の長さは40~60文字で、それ以上でも、それ以下でも読みづらくなります。そのため結論を先に伝える、一文一意、接続助詞を使わない、を意識することが大切です。
Webライティング

文章で人を動かす!QUESTの法則を使うメリットとライティング例文

QUESTの法則は読者の行動を駆り立てるライティングテンプレートで、ターゲットを絞り込むことで効果的にアプローチができます。また、読者の信頼を得やすいことから、収益を出すことはもちろん、書き手やメディアのファンづくりにも最適です。
Webライティング

セールスレターに最適!AIDAの法則を使うメリットとライティング例文

AIDAの法則は、人がモノを購入するまでに抱く4つの心理から構成されているテンプレートなので、読者の行動を無理なく促すことが可能です。ただし、最初の段階で読者の興味を惹けなければ、効果が激減してしまうので要注意!
Webライティング

読者の信頼が得られる!PPCの法則を使うメリットとライティング例文

PPCの法則は読者の行動を促すテンプレートであり、初心者でも成果につながる記事を書くことができます。ただし、使い方を間違えると読者の信用を失ってしまうので、正確な証拠提示を意識することが大切です。
Webライティング

わかりやすい文章に必須!SDS法を使うメリットとライティング例文

SDS法はわかりやすい記事を書くのに最適なテンプレートです。構成も3つと少ないため、初心者Webライターでも十分使いこなすことができます。ただし、PREP法に比べて主張が弱めなので、媒体や利用シーンに合わせて使い分けることが大切です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました